不動産は資産か負債か

あなたは、不動産を持つことを自分の財産を増やす行為(資産)に当たると考えるタイプですか?それとも、借金を増やす行為(負債)に当たると考えるタイプですか?
一般的に考えると不動産はいざという時に現金化もできるし、担保にもなるので「資産」として考える方が多いのではないでしょうか?
しかし、そう一概にはいえません。単純に不動産=資産と決め付けるのは危険です。あなたのその不動産は、実は将来的に何も使わない固定資産税ばかりを毎年払うだけの遊休地ではありませんか?もしそうならば資産と勘違いして「負債」な不動産を所持しているかもしれません。
本当の資産になる不動産は、上手に活用することであなたの手元にお金が入ってくるものです。
今後の日本はどんどん高齢者が増え、人口も減っていきます。
不動産自体の値段はどうなるか、正直今後はわかりませんが、価値のない不動産を購入して、あなたの負債をつくるより、今一度しっかり見直しをして上手に資産に代わる不動産探しをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です