これから家を建てる人が知っておくべき法律

不動産というのは大事な財産ですので、各種の法律でもって規制がなされています。
とりわけ、これから家を建てる予定の人が知っておかなければならない法律があります。
建物に関連する代表的な法の概要を知っておけば、家を建てる際の参考になります。
まずは、国土利用計画法です。
これは、土地の投機的な取引を排除する目的でもって制定されました
同法では、知事が、取引の規制のために、規制区域・注視区域・監視区域を指定する権限を与えています。
次に、都市計画法です。
これは、計画的なまちづくりの推進を目的に制定されました。
まちづくりを行なう区域を都市計画区域に指定して、さらにその区域内において、都市施設の整備や市街地開発事業の推進を図ろうという趣旨のものです。
そして、建築基準法です。
国民の生命、健康及び財産の保護を目的として制定されました。
同法は、建築物の構造などに関する最低の基準を規定しています。
ほかにも、民法で、建物は隣地境界線から50cm以上離すことが規定されています。
また、隣地境界線から1m以内に他人の宅地が見える窓がある場合は目かくしを設けることなどが定められています。
そして、騒音規制法や消防法などといった、種々の法が不動産に関係しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です